まんがの描き方

【漫画の描き方】描く前の基礎ルール5つ

2020年2月29日


ゆこちゃん
こんにちは!
今回は初心者さんに向けに

漫画を描く前におさえておきたい
5つの基礎知識

についてお伝えします。


はーい!
萌ちゃん



 

コマ割りについて

 

コマは、大きめに割りましょう。

具体的にいうと、1ページあたり
平均4~5コマにすると良いでしょう。

何故かというと、
コマが多すぎると読みづらい上に

順番通り読んでもらうのには
テクニックが必要だからです。

なので、最初のうちは

コマ割りを大きめにする事を
オススメします。

 

セリフについて

 

文字数を少なくしましょう。

短い文章で区切り、
パッと見て読むことができる
文字数に抑えましょう。

もし、長いセリフを言わせたい場合は
フキダシを区切り、
1文を短くするよう心がけましょう。


漫画は絵が主体です。

なので文字が多すぎると
読むのに疲れてしまいます。

なので、

セリフが多い場合は
絵で表現できる部分はないか
再度確認しましょう。


描き込み具合について

 

見やすい画面を意識しましょう。

具体的には、
シンプルでわかりやすくも

必要な情報が入っている画面です。

パッと見で
描き込み過ぎて情報量が多い漫画は
見る人を選んでしまいます。

なので、

ゴチャゴチャしてない
スッキリとした画面作りを
目指しましょう。


トーンについて

 

トーンは張り過ぎないように
しましょう。


いっきに華やかになり、
画面のクオリティがあがるトーン。


しかし、夢中で張っていると

画面全体がグレー色に
なってしまう事もしばしば。


その漫画が
読みづらくなってしまったら
元も子もありません。

なので、

メリハリを意識し、
過剰に張り過ぎないように
注意しましょう。

 

必要な情報について


状況を分かりやすく
伝えましょう。


いつどこで、
誰が何をしているか

このような基本的な情報が

きちんと入っているか
確認しましょう。

つい、相手も自分のように
「分かっているつもり」
で描いてしまいがちです。


すると、

読んでる人には
よくわからない漫画

が出来上がってしまいます。

 

なので、

基本的な情報が
分かりやすく相手に伝わるか
意識して描きましょう。

 

まとめ


最初はとにかく
読みやすい漫画になっているか

確認しながら描きましょう!



ゆこちゃん
基本的な事ですが、
とても大事なことですね。

昔は私も、

「キャラが同じに見える」や
「場面転換が分かりにくい」と

言われたりしてました。


萌ちゃんでも読める漫画が
いい漫画ってことだね!
萌ちゃん


ゆこちゃん
(うーん…。)

極論を言えば、
そうなるのかもしれませんね…。


  • この記事を書いた人

花咲 ちゆ

【可愛い】と【癒し】が得意な
イラストレーター

クリエイティブなことが大好きで
日々新しいことに挑戦中(*´ω`*)

-まんがの描き方

© 楽しくお絵かき空間