液タブ・画材 漫画の描き方

漫画を描く時に必要な道具【パート3】

2020年4月13日

ゆこちゃん
こんにちは!


今回は、

アナログで漫画を描く時に
必要な道具【パート3】

あると便利な道具3つ
についてお教えします


この記事は

【パート1】
【パート2】

からの続きなので

先にそちらを読んでいただけると
より分かりやすくなるかと思います♪


いよいよ最後の道具だね!

でも
あると便利なものって事は
なくてもいいってコトなの?
萌ちゃん


ゆこちゃん
そうですね

ただ、今回の記事でとりあつかう
「あると便利な物」は

ほぼ必須で持っていた方がよい道具を
ご紹介しています



なので、
初めから全てをそろえる必要は
ありませんが

漫画を描き続けるなら

のちのち購入するものとして
考えてもらうのが
良いかもしれません


なんにせよ、
今回の記事で

漫画に必要な道具は
そろうハズなので

まずは読んでいただけると幸いです!






※この記事は全三部の
最後の記事となっています


これだけでも読めますが、

先に1と2を見て頂けると
より分かりやすいかと思います。

漫画を描く為に必要な道具【パート1】
家にあるもので代用可能な道具5つ

漫画を描く為に必要な道具【パート2】
新たに買いそろえる必要のある道具9つ


*必要な道具一覧*


アナログで漫画を描く際に
必要な道具一覧はこちらです。

*家にあるもので代用可能な5つ*

①鉛筆またはシャープペン
②消しゴム
③白い用紙(なんでもOK)
④カッター
⑤ホワイト(修正液可)

+定規(35cm以上)

*新しく購入する道具9つ*

ミリペン
漫画原稿用紙
ペン先(丸ペンorGペン)

ペン軸
⑩インク

⑪筆ペン
⑫スクリーントーン
⑬トーンヘラ
⑭トレーシングペーパー


*あると便利な道具3つ*

⑮メンディングテープ
⑯応募用封筒
⑰トレース台


今回は、そのうちの⑮~⑰
あると便利な道具3つについて解説します。

①メンディングテープ



メンディングテープとは
肌触りがサラサラした
半透明のテープです。



特徴としては、

上からエンピツ描きできる点や
印刷しても問題ない点があげられます。


主な役割としては

スクリーントーンの
細かい部分がはがれないように
テープでおさえる事と

セリフを入れる
トレーシングペーパーを
はる時に使用します。


セロハンテープじゃダメなの?
という声が
聞こえてきそうですが

メンディングテープじゃないと
キレイに印刷がされません。



また、セロハンテープだと

劣化による
色味の変化や

ベタベタになってしまうなどの
問題点もあげられます。

なので、

きれいな原稿を保ちたい場合は
必ずメンディングテープを
使うようにしましょう。

②応募用封筒



漫画を雑誌に応募する時に
完成原稿を入れる

封筒のことです。


オススメは、
「角形0号」と描かれているサイズで

B4の原稿用紙を
ゆったりいれることができます。


ただし、
角形0号を取り扱っている店は
少ないので

その場合は
角形1号でもよいでしょう。


少し小さめですが、
40ページ前後までなら
原稿を入れることができます。


※トレーシングペーパーや
間に厚紙などをいれたい場合は
この限りではないので

ネットショッピングなどで
角0号を買う事をオススメします。

 

③トレース台



トレース台とは、
光る発光板のようなものです。



これが無くても
漫画自体はかけますが

プロの方は、ほぼ持っている

といっても
過言ではないくらい

重宝されるアイテムです。



使用用途としては


・トレース台にかざし、左右反転状態で
 バランスを確認する

・漫画の下絵を別の用紙に描き、
 トレース台を使って
 清書の用紙にペン入れする

(※消しゴムかけが要らなくなる他
直接ペン入れしてるので
綺麗な原稿が出来上がります)


などがあげられます。



逆に、デメリットとしては

・値段が高い
・光で目が疲れる


というところです。


ただ、年々トレース台の
値段は下がっていますし

今はお求めやすい価格の商品も
増えています。


もし、
買おうか悩んでいる方は


必ずA3サイズの
トレース台を買いましょう



B4サイズで
よさそうな気もしますが

ぴったりのサイズを
購入してしまうと

スペースに余裕がなく、
作画が非常にやりづらいです。


また、それ以下のサイズですと
原稿用紙より小さくなり

ほぼトレース台のメリットが
つぶれてしまいます。

なので、
買う場合はA3サイズ

それ以下なら

買わない方がよいでしょう。


(ちなみに私のお勧めは、
明るさを調整できる
トレース台です。

今後調べて、URLをはる予定ですので
少しお待ちくださいね。)

まとめ



いかがでしたか?

【パート1】から
読んでいただければ

漫画を描く為に必要な道具は
そろうかと思います。


また、これから

もう少し詳しく
オススメの商品を載せたり

分かりやすい内容に
改善していきますので

楽しみにお待ちいただければ幸いです。

ゆこちゃん
今回は、
「あると便利な物」
というカテゴリでしたが

漫画を描いていくなら
ほぼ必須になるアイテムたちなんですね


めんでぃんぐてーぷとか
とれーす台って

こうゆうふうに使うんだね~!
萌ちゃん


ゆこちゃん
そうですね

もし、漫画を描く時に
どの道具を購入するか悩んだ時は

【漫画に必要な道具】シリーズ

パート 2 3 の

知りたいところを
読み返してみてくださいね



道具に関しては、
作品のクオリティに直結する
大事な部分なので

より分かりやすい記事になるよう
改善していきます♪


また、羽ぼうきやパース定規
雲形定規など

更にコアな物の使い方説明や
オススメの商品も
順次ご紹介していくつもりです


長くなりましたが、

最後まで読んで下さり
ありがとうございました!


あなたにとって
ベストな道具に出会えますように♪



 

  • この記事を書いた人
花咲 ちゆ

花咲 ちゆ

【可愛い】と【癒し】が得意な
イラストレーター

クリエイティブなことが大好きで
日々新しいことに挑戦中(*´ω`*)

-液タブ・画材, 漫画の描き方

© 楽しくお絵かき空間