本・画材のレビュー 絵描きにおすすめの本

イラストで稼ぐために役立つ本【3選】

2021年3月27日

イラストで稼ぐために役立つ本

 

ゆこちゃん
この記事では

イラストで稼ぐために
役立つ情報がのっている本
 
をまとめました

 

イラストレーターに
なるための本ってこと?
萌ちゃん

 

ゆこちゃん
そうですね

今回はイラストを
「ビジネス」という視点から

書かれている参考書たちを
ご紹介いたします

 

こんな方におすすめ

  •  将来的に絵の仕事をしたい方
  •  売れてるプロの意見がききたい方
  •  絵で稼ぐために必要な事が知りたい方

 
 

ここでご紹介しているのは
 
管理人が購入済みの本だけを
ご紹介しています
 
絵や漫画の参考書を
100冊以上読んできた中から
 
選んだラインナップなので
 
購入する時の
参考にしていただければ幸いです

 

才能はいらない イラストで食う技術

 
 
イラストレーターになりたい方
必見の本

 

おすすめ度             
内容の充実度         
ビジネスの観点度 

 

プロの方が書かれた

イラストを商品として売り込むための
考え方や練習方法がのっています

冒頭一発目で

「才能がなくても
イラストレーターになれる」

と断言されており

ビジネスとして展開していくために
必要なことがぎゅっとつまっています

本の内容は

第1章 プロになるための心構え
第2章 イラストの練習法
第3章 作家さんの過去
第4章 お仕事を想定した流れ

とわかれており

個人的には
1.2章がとても参考になりました


この本の特徴として

「絵が好き!!」

という方よりも

「絵を描いてこなかったけど
イラストで食べていきたい」

という方を
想定して書かれているため

よくも悪くも
ドライな部分はあるかなと思います
 
 

ただ

「最近絵を描き始めたばかりの人」や
「センスや才能がない…」

と思っている人でも
プロになれますよ

という

希望のある本でもあるので

絵で稼ぎたいと考えてる方は
一度読んでみるのをおすすめします

 

【メリット】
 
★イラストを商品として
売るための方法が分かる
 
★戦略的な人気の取り方がのっている
 
★才能がなくてもプロになるための
道順が分かる
 
★このような解説本は多くないので貴重
 
★ニリツさんの絵が好きな方は
ファンブックとしても価値あり

 
 
【デメリット】
 
★1ページあたりの文字数が多く
少し読みづらい
 
★絵に対して夢や希望を持っている人は
 
著者のドライな考え方に
違和感を覚える可能性も
 
★プロとしてのするどい意見も多いので
楽しくて絵を描いてる方には不向きかも
 
★少しエロ目の絵もあるので苦手な方は注意

 

 

はじめてでもわかる! イラストでお金を生み出す秘訣


絵で稼ぎたいけど

どうすればいいの?

という方の疑問を解決する本

おすすめ度     
初心者向け度 
読みやすさ     
 

イラストレーターになりたい人の
疑問に答えていく

Q&A方式の参考書です

質問のテーマは
「稼ぐ」に特化したものがほとんどで

具体的な内容は

①イラストでお金を生み出す方法
 
②仕事の準備と基礎知識
 
③依頼が舞い込むしかけ作り
 
④フリーランスと企業への就職
 
⑤お金の知識と仕事の相場
 
⑥著作権について
 
【オマケ】プロへのインタビュー

という構成になっています
 

この本の魅力は
ほかの人に相談しづらい
 
「お金」に関する疑問を
解決してくれるところです

 

もちろん
この本に書かれていることが
絶対的な答えではありませんが

 
「絵を仕事にしたいけど
右も左も分からない…」
 
という初心者の方には
十分参考になるのではないでしょうか

 


 
ただ、本の内容は

ほとんどが白黒印刷の
Q&A方式の質問なので

一度サンプルを見てからの
購入をおすすめします

 

【メリット】
 
★人に相談しにくい
お金の疑問を解決できる
 
★Q&Aが一言にまとまってるので
読みやすい
 
★絵で稼ぎたい人には役立つ知識
 
【デメリット】
 
★中身は白黒のQ&A本なので
表紙買いすると内容にギャップがあるかも
 
★イラストがほとんどなく
最初と最後に
マンガが1ページずつある程度
 
★ネットで検索すれば分かることも多い為
 
本でまとまってることに魅力を感じない方は
購入する意味がうすい可能性有

 

 

Q&Aでわかる!イラストレーターのビジネス知識


かなり踏み込んだ

中級者以上向けのビジネス知識本
 

おすすめ度         
本格的な質問度 
人を選ぶ度         

 

先ほどと同じく

イラストでのビジネス知識を
Q&A方式で答えてくれてる本です

 

ただしこちらは
より本格的で

すでにイラストレーターとして
活躍されている方向けの本です

 

具体的な内容は

①仕事の基本
②流れと日常業務
③著作権のことを知ろう
④おカネの話とトラブル解決
⑤著作権法はこう変わる

となっております

 
 

もくじでは
ピンとこないかもしれませんが

法律事務所にも
本の制作を協力頂いてるようで
 

イラストの使用条件
契約書について
ギャランティの交渉
再使用と流用の違い
包括的な利用許諾

などなど

かなり専門的な疑問が
投げかけられています

 

こういったことは、ネットで調べても
正解が分かりにくいものなので

一冊の本としてまとまっているのは
ありがたいと感じました
 
 

その反面

管理人が絵仕事をしている現時点では
出てこない疑問も多く

トップのプロの方でないと

同じ悩みを抱えてる方は
少ないのではないか?

という印象ももちました
 
 

ただ、こういった問題は
トラブルになった後では遅いので

自分が将来売れたときの
必要な知識としてとりいれる

という点ではありだと思います
 

【メリット】
 
★法律事務所や税理士の方も
出版に携わっているので
 
より正確な情報がのっている
 
★マイナーで、ネットでは分かりにくい
疑問や悩みを解決してくれる
 
★お金や著作権についてなど
人に相談しにくいことを答えてくれている
 
★しっかりとした情報がのっていて
論理的で説明されたい人にうってつけ
 
【デメリット】
 
★ほぼ文章のためかなり読みにくい
 
★専門的な内容のため
頭がこんがらがる可能性も
 
★駆け出しのイラストレーターには
関係ない話が多め

 

 

【おまけ】Webマンガの技術 ゼロから学ぶプロの技

 

ツイッターで
マンガをバズらせたいならコレ!
 

 

こちらは「イラスト」ではなく
「マンガ」で人気になるための方法です

 
この本は

実際にツイッターでバズった
人気の作家さんを集めて
 
「ウケるのはどういう作品か?」
 
複数人に
インタビューした記事です

 
 

「ツイッターマンガは
 描き込み過ぎない」
 
「商業漫画とWEBマンガは違う」
 
「SNSに投稿するマンガの
 重要な条件」

 
など

非常に勉強になる内容が
書かれておりました
 
 

ちなみに、実際にバズった
イラストの解説もしてあるので

SNSで人気になりたい方は

一度目を通しておいても
損はない本だと思います

 

 

 

ちなみに
マンガの描き方が知りたい方は

他の記事で紹介してますので
ご興味があればぜひどうぞ
 


 

漫画の描き方記事一覧は
★☆★こちら★☆★
 

 

イラストで稼ぐために役立つ本【まとめ】

 

この記事では

イラストで稼ぎたい方に
役立つ本をご紹介いたしました
 

まとめると
こちらになります

 

★迷ったらこの一冊★

 

★初心者向けQ&A本★

 

★本格的な玄人向けQ&A★

 

★SNSで人気のマンガを描くコツ★

 

以上、ビジネス関係のイラスト本
3冊(+1)のご紹介でした

 

ゆこちゃん
絵を上手に描くための
技法書はたくさんありますが

「稼ぐ」という
ビジネス視点での本は

そこまで多くない印象です

 

絵をうまくするための本は
いっぱいあるんだけどね~
萌ちゃん

 

ゆこちゃん
これからは
在宅ワークや副業

イラストで収入を得たいと
考える方も

どんどん増えてきてると
思いますので

ぜひ参考になれば幸いです♪

 

★これから絵を
販売したい人向けの記事★

 
 

有料級情報が満載のnote


管理人が出しているnoteの中で

1番人気の記事です

 
これから絵を販売してみたい
初心者さん向けの内容となっており
 
この記事を読んでからはじめた方が
圧倒的に有利ですので

 
無料部分だけでも
ぜひ一度読んでみてくださいね

note記事を読んでみる

 
 
 
絵を販売するための具体的な手順
【ココナラへの登録方法】

絵を売る方法サムネ
絵を販売してみたい!初心者スタートガイド【ココナラ】

続きを見る

こちらは、noteを読んで
実際に販売したい!と感じた方向けに

分かりやすく手順を説明しております
 

「長い説明不要」
「出品の手順だけ簡潔に教えてほしい」
 
という方は上記のブログ記事をどうぞ
 

  • この記事を書いた人
花咲 ちゆ

花咲 ちゆ

【可愛い】と【癒し】が得意な
イラストレーター

クリエイティブなことが大好きで
日々新しいことに挑戦中(*´ω`*)

-本・画材のレビュー, 絵描きにおすすめの本

© 楽しくお絵かき空間