液タブ・画材レビュー

パソコンなしでOKの液タブ【WacomOneレビュー】

2021年4月10日

WacomOneアイキャッチ

 

花咲ちゆ
今回は
「2代目サブ機」として購入した
 
Wacom Oneの使用感を
レビューしていきます
 
実際に使ったから
こそ気づけた 
 
メリットや
デメリットを
 
包み隠さずお伝えするので
 
ぜひ最後まで
読んでみてくださいね♪

 

★事前情報★
 
・メインは液タブCintiq Pro16
 
・galaxyのスマホを母体に使用
 
・描いたイラストは十数枚ほど
 
・体調不良の時にも描けるように
ベッド近くに配置

 

普段プロフェッショナルモデルを

メインで使っている状態からの
レビューなので

かなり辛口になります
 
 
WacomOneにしか出来ない事や
 
買ってよかった魅力なども
お伝えしますので

 
ぜひ自分にあった液タブ購入の
参考にしてください
 
 
 
CintiqPro16のレビューはこちらからどうぞ

 

Wacom One ってどんな液タブ?

 
WacomOneは
 
お絵描き初心者にぴったりの
液晶タブレットです

WacomOne

Wacomから出ている
液晶タブレットには

製品のグレードがあり
 

★エントリーモデル
(Wacom One)
 
★ミドルクラスモデル
(Wacom Cintiq)
 
★プロフェッショナルモデル
(Wacom Cintiq Pro)

 
これらの3つに分けられます

下にいくほど性能があがり
価格も高価になっているんですね

 

このWacom Oneは
 
性能と価格の
バランスがとれた
 
コスパの良い
液晶タブレットなのです

 

セット内容は?

 

セット内容は
こんな感じです
 

私はamazonではなく
Wacomの公式ショップで購入しました

WacomOne開封

⇑スマホにつなげて使う目的だったので
変換アダプタセットを購入しました
 

WacomOne開封中身

 

WacomOne本体中身

⇑液晶画面は黒い布袋に包まれてました
 

WacomOne本体正面
 
画面はアンチグレア仕様なので
 
反射の映り込みが抑えられていて
目にも優しい印象です
 

コスト削減のため
ムダなものが入っておらず
 
全体的にスタイリッシュに感じました

 

WacomOneの傾斜や角度は?

 
WacomOneは
角度調整のための

スタンド(脚)がついています

これのおかげで
 
自分の好きな角度に
画面を傾けることができるんですね
 

WacomOne横

⇑MAX傾斜の状態です

 
ただ、WacomOneを
メインの液タブとして使う場合は
 
選べる角度が少ないと感じたので
 
必要な方は
 
別途液タブスタンドを
購入するのをおすすめします

 

※私がCintiqPro16で使用しているスタンドです

WacomOneの背面は?

 
WacomOneの後ろ側は
こんな感じになっています
 

WacomOne裏側

 
角度調整のための「脚」があるのと
 
全体的にホワイトで見た目が
とても可愛いです

 

WacomOne裏側足

⇑実はこんな場所に
替え芯が付属してあります
 
 
 
1本だと頼りないけど
新しく買うのは面倒なので
 

買った瞬間から
芯の残りを気にすることなく
 
お絵描きできる
環境が用意されてるのは
 
とてもありがたいですね

 

 
 

ペンの形状やサイドボタンは?

 
ペンは
【Wacom One Pen】
 
というのが
付属されています
 
 

液タブ画面の
上の真ん中の方に
 
ゴム式の
ペンホルダーがついており
 
基本はそこに収納します
 

WacomOneペンホルダー

⇑ゴム式のペンホルダーです

 

WacomOneペンとプロペン


下の白い方がWacomOneペンです

 

 
上にあるプロペンと比べると

持った感じは
少し細く感じました

 
 
スイッチは
少し特徴があり

押せる部分と
押せない部分があります
 

 

Wacom One の魅力やおすすめポイント4つ

 
ここからは実際に
WacomOneを使って感じた
 
魅力やおすすめポイントを
ご紹介します

 

①パソコンなしでスマホで使える

 
なんといっても
一番の魅力はコレですね
 

パソコンなしで
スマホで使えるというのは
 
めちゃくちゃ便利です
 
 
今現在、スマホを母体にして使える
液タブというのは

かなり少ないのですが
(現時点調べたところ、多分2種類)
 

有名大手メーカーのWacomさんが
発売して下さっているのは
 
とてもありがたいです
 
WacomOneスマホに繋いだ画面
⇑つないだ瞬間はこんな感じ
 
 
(スマホを液タブの母体にしているので
ちょっと撮りづらくてナナメになってます)


しかもなんと利便性も抜群で
 
CLIP STUDIO PAINTという
お絵描きソフトを使う場合
 
全画面表示で使えるのです…!

 
 

その上、なんと
左手デバイス

TABMATE
「TABMATE」を使うこともできましたよ
 
 

手だし約5万円で

超快適なお絵描き環境が
出来上がったんですね
 
 

花咲ちゆ
技術の進歩に
ビックリしすぎて

この時代に生まれてきて
幸せだと感動しました

 

おすすめポイント

  •  パソコンなしでもスマホにつないで液タブを使える
  •   クリスタのお絵描きソフトなら全画面表示で楽しめる
  • 左手デバイスTABMATEがスマホのBluetoothで使えた

 

②価格がダントツに安い

WacomOne最大の特徴は
 
ワコムメーカー史上
ダントツの価格の安さです
 
 
今まで液晶タブレットというのは
安くても13万円~という
 
高級な製品だったのです
 
 

ですが近年
技術が進歩してきて
 
価格帯の安いミドルクラスモデル
Wacom Cintiq 16や
 
今回ご紹介している
エントリーモデル
 
Wacom Oneが発売されたのですね

 
 
正直、この性能で
4万円でおつりがくる液タブは
 
コストパフォーマンス
最高です

 

③色んなスタイラスペンに対応

 
WacomOneは

基本どんなペンでも
描くことが出来ます

 

通常、液晶タブレットは
それ専用のペンでないと反応しません
 

ですがこのWacomOneは
従来とは違う設計になっているので

 
家電量販店で売っている
スマホ用のペン※などでも
 
ちゃんと反応してくれるんです

※購入の前に必ずお確かめください
 
 

自分のお気に入りのペンを
使うことができるってことなので
 
お絵描きするときの
 
モチベーションUPにも
つながりますよね


 
個人的に気になったのが
Hi-uniペンという

鉛筆そっくりに作られた
WacomOne用のペンです!

WacomOne鉛筆に似たペン



 
 
私は細いペンが得意ではないので
購入にはいたりませんでしたが

「鉛筆そっくりの液タブのペン」

なんて考えると
わくわくしちゃいます

 
※このペンが使える液タブは
WacomOneだけなのです
 
 
 
あまり注目されてはいませんが
 
この機能は液タブ業界にしたら
画期的な発明だなと思いました…!

 

 

④比較的持ち運びしやすい

 
WacomOneは

液タブの中でも
コンパクトな部類になります
 
 
 
これまでは、旅行に行く際
液タブの持ち運びは厳しかったですが

WacomOneは小さくて軽いので
持ち運びしやすくなっています
 
 
 
さらに

スマホがあれば
パソコンを持っていく必要がないので
 
 
旅行先に軽い気持ちで
もっていける液タブとしては

かなり優秀なのではないでしょうか
 

 

Wacom One の良くない点4つ

 

沢山魅力がある
WacomOneですが
 
この液タブにも
もちろんデメリットはあります

 
それは主にこの4つです

・描き心地
・ペンのスイッチが1つ
・使用中に充電ができない
・対応しているスマホが少ない

 

①描き心地が気になる

 
これは、主に
筆圧感知の部分ですね

 

 
ふだんからプロフェッショナルモデルの
液タブを使っている人の感想なので
 
人によっては気にならない可能性がある

という前提で
きいていただきたいのですが
 

筆圧が感知しづらいのですよね

 
 

軽く描くと反応しなくて

グッと力を入れると
線が太くなりすぎる

そんな違和感がありました

 

ただ、この問題に調べたのですが
設定次第で解消できるようでした

 
具体的にいうと
 

初期設定でこうなっているようなので
WacomOneペンを使う際に
 
筆圧カーブの設定をきちんとすれば
描きづらさはなくなるようです
 
※ペン先の感触を
固めにすると良いらしいです

 
もう1つ
描き心地で気になるとすれば

視差でしょうか

 
ただ、あくまでも

プロモデルと比べて
という意味なので

お絵描き初心者の方には

あまり気にならないレベルかと思います

 

②ペンのスイッチが1つしかない

 
WacomOneのペンの
サイドボタンは

1つしかありません
 
 
私は通常
Pro版でイラストを描く時に

「スポイト」と「消しゴム」の

両方を
割り当てているのですが

 
片方になると
効率が悪くなったように感じました


ただ、この問題も
 
左手デバイスに
「消しゴム」を設定するなどすれば

解消できるかと思うので

 
あくまで

「普段は2つボタンを
使っている人が言っている感想」

と捉えて頂ければ幸いです
 

 

③スマホで使うと同時に充電ができない

 
WacomOneは

スマホを母体に液タブを
動かしている状態だと
 
同時に充電することが出来ません
 

これはなぜかというと

充電するtypeCの差込口に

液タブとつなぐために
変換するケーブルを入れているため
 
充電コードをさすとなると

一度液タブとの
接続を切る必要があるのです


解決策としては
 

クリスタのソフトをもっていれば
データをリンクできるので

スマホで描き上げたラフを
パソコンで再開する

 

または

typeCの差込口を増やす
ケーブル自体は

販売されているようなので

必要な方は調べてみてください

 

④対応しているスマホが少ない

 
WacomOneに
対応しているスマホは
 
一部のandroidのみとなります

  

つまり
 
iPhone派の方は
 
WacomOneを買っても
パソコンがないと使えない

ということですね

 

また、android派の人でも

galaxyやHUAWEIなど
一部の機種に限られているので

スマホで使おうと思っている方は

必ず購入前に
対応機種をご確認ください

 

保護フィルムやスタンドは必要?

 

ここまで

WacomOneの
メリットとデメリット

両方をお伝えしてきました

 
この記事を読んで

「購入しようかな…」
と考えている人向けに

セットで買うと
便利なものをご紹介いたします

 

保護フィルム

 
私は本体と同時に
こちらのフィルムを購入しました
 

WacomOne保護フィルム

 

WacomOne保護フィルム拡大

 

わりとしっかりしていて
 
きちんと
保護してくれている感があります
 
 
ただ個人的に気になったのが
一定の条件で描いた時にする

「キュッキュッ」という音です
 
 
そこまでひどいわけじゃ
ないのですが
 
音に敏感な方は
 
ほかの製品も
見てみるとよいかもしれません

 

液タブスタンド

 

お金に余裕がある方は

液晶スタンドの購入を
おすすめします
液晶スタンド  

 
WacomOne単体の場合
傾斜があまりつかないので

首がのぞき込みがちな
角度になってしまうんですよね
 
 

WacomOne本体横

 
姿勢が悪くなると
肩こりなどで
 
頭痛に繋がってしまいがちなので

このスタンドを使用し
 
できるだけ「垂直」に近い角度で
描くのがおすすめです

※私がCintiqPro16の液タブで使用しているスタンドです

 

パソコンがなくてもスマホで使える液タブ

 
パソコンなしで
液タブ使用を考えている場合
 
スマホにつなぐための
変換アダプタが必要です

 

WacomOneをandroidとつなぐために

 

私はWacomの公式ショップから

スマホへつなぐための
変換アダプタがついてくる

セット品を購入しました

変換アダブタ

⇑スマホに液タブを繋ぐための変換アダプタ

変換アダブタ拡大

 

変換アダブタ 外箱と付属品

Wacomの
公式ページにのっている

動作確認済みの変換アダプタを
amazonで探したのですが
 
 
すでに生産終了していたり
価格がかなり高かったりと

良いものが見つけられませんでした
 
 

色々調べた結果

Wacom公式で販売している
変換アダプタセットが

一番お得だったのと

万が一繋がらなくても
Wacomがサポート対応してくださる

とのことだったので

こちらでの購入を決めました

 

Wacom One 変換アダプタセット商品ページ

※約9000円お得になっています
 

もしスマホでの利用を考えている方は
ぜひ参考にしてみてください

 

液タブ Wacom One レビューまとめ

 
今回は液タブ
WacomOneのレビューでした
 

ご紹介した製品一覧は
こちらです
 
 
★コスパ最高の初心者向け液タブ★

 
★保護フィルム★

 
★おすすめの液タブスタンド★

 

スマホで使う場合は
ワコム公式ショップから

セット販売の物を買うと便利です

 
クリスタの公式本がついてくるうえ
約9千円ほどお得になります

★Wacom公式トップページはこちら★
 

Wacom One 変換アダプタセット商品ページ

 

ゆこちゃん
液タブデビューする
初心者さんや
 
スマホで液タブを
使いたい方には
 
WacomOneが
うってつけですね
それぞれ色んな
違いがあるんだね~
萌ちゃん

ゆこちゃん
ですね
 
管理人がメインで
使っている液タブ
 
WacomCintiqPro16の
記事もありますので
 
自分にあった液タブを
ご購入いただければ幸いです

 

合わせて読みたい

  • この記事を書いた人

花咲 ちゆ

【可愛い】と【癒し】が得意な
イラストレーター

クリエイティブなことが大好きで
日々新しいことに挑戦中(*´ω`*)

-液タブ・画材レビュー

© 楽しくお絵かき空間